雨量計の自宅での使い方を丁寧に解説します

降水量を計測する雨量計は、漏斗状の受水器内に誘導された雨水の量を測ることにより、降水量を計測することのできる機器で、入水器に過熱油や電熱線などのヒーターを内蔵している雨量計を用いれば、雪や霰などを計測することも可能です。そんな雨量計は、幅広い用途に使用されています。代表的なものとしては天気予報で用いることが多いですが、地球温暖化の影響もあって異常気象も多い近年、都心でも局地的に集中豪雨が起こるなど雨による被害は毎年のように報告されています。そこで活躍するのが雨量計で、雨量計は防災気象の場でも広く活用されており、雨量計を上手く活用することで雨による被害を最小限に抑えることができます。その他にも、雨量計は農業をはじめ、土木や建築、ダム管理などさまざまな現場で利用されています。

雨量計には2つの種類があります

雨量計には貯水型の雨量計と、転倒ます型の雨量計の2つの種類があります。一般的に知られている雨量計は貯水型の雨量計ですが、貯水型の雨量計は貯水ビンに貯まった雨水を雨量ますに移して雨量を計測する雨量計となっています。一方、転倒ますを備えた転倒ます型の雨量計は、転倒ますが2組あり、片方の転倒ますに雨水が貯まり、重みが一定以上になると転倒して雨水を排水し、次に注がれる雨水はもう片方の転倒ますに流れ込むようになっていますが、一時間当たりの転倒した回数を数えることで雨量を計測することができます。また、貯水型の雨量計の場合は、貯水ビンがいっぱいになり溢れてしまうと雨量を正確に測ることはできませんが、転倒ます型の雨量計の場合は長時間放置していても正確に計測することができるので、気象庁をはじめとする多くの公共機関で使われています。

基本的な雨量計の使用方法とは?

気象観測する際に雨や雪の量を知りたい場合は、バケツに雨水を貯めて貯まった雨水を測ることでも簡単に雨量を計測することができますが、雨量計を用いて雨量を測定する場合は毎回決まった時間に雨量を計測し、24時間ごとに記録しなければ正確な計測とはいえません。また、雨量の計測には雨量ますやメスシリンダーといった専用の容器を用いて計測しますが、雨水を貯めている容器が倒れてしまったり、雨水が溢れてしまうと正確な雨量を計測することはできません。そのため、雨量を計測する際は貯水ビンを少し大きめのバケツに入れておくなど倒れてしまったり、溢れてしまった場合でも正確に雨量が計測できるようにしておくことも大事です。その他にも、常時据え置きして雨量を計測する雨量計は、設置場所によってはゴミや落ち葉が雨量計を覆ってしまう可能性もあるため、雨量計を用いて雨量を計測する場合は雨量計周辺を定期的に清掃しておくことも大切です。