自宅でも使える雨量計の種類を紹介

気象庁などで雨の量を計測するために使用する雨量計ですが、最近では自宅でも使う人が増えています。貯水型と転倒ます型の2種類があり、貯水型は更に貯水型指示と貯水型自記に分けられています。貯水型指示計は雨量ますの容量まできてしまったらそれ以上は測定することができないため、常に指示計を気にしておく必要があります。しかし取り扱いが簡単なメリットがあります。貯水型自記計は長期間の連続計測が自動で可能です。これは貯水槽にある程度貯まったら排水するシステムが備わっているからです。この2種類が一般的に自宅で使われている雨量計となります。気象庁などでは転倒ます型が使われており、日本庭園で見られるししおどしのような機能が備わっていることで雨の量を計測することができるようになっています。

雨量計の特徴と種類について解説

降水量を図る器具の雨量計は、基本的な計測方法として、直径20㎝位の漏斗型の受水機を使用して降水を器具の中に導き、その水の量を量ることで降水量を図ることができるようになっています。雪が降る寒冷地では、ヒーターが備わっている器具もあります。大きく分けて貯水型と転倒ます型があり、貯水型は、雨の量を目視で確認できる貯水型指示とゼンマイなどの動力によって記録する貯水型自記にわけられます。貯水型は容量に限界があるので、有人観察が必要となるデメリットがあります。転倒ます型は、シーソーのような構造をしており、ある程度水が貯まると転倒して逆の弁に貯まる動きを繰り返します。この繰り返しを1時間でどの程度繰り返すのかにより降水量を図っています。遠隔地操作や長時間の測定が可能なので、公的機関で利用されているのが特徴です。

雨量計が自宅で取り入れられている理由

自宅付近でどの程度雨が降っているのか知りたいこともありますが、実際に雨量計を導入する必要性はあるのでしょうか?近年気象状況が大きく変化したことにより、極地的に爆発的な大雨が降ったり、それにより土砂崩れや川の増水、氾濫などの2次災害が引き起こされています。気象庁や地方自治体も災害情報を流すなど、被害を防ぐために尽力していますが、限定された地域の情報までは発信されないことも多いです。そんな時に自宅に雨量計があれば、どの程度雨が降っているのかを知ることができるため、危険性をいち早く察知して避難準備や避難することができます。毎年各地で自然災害の脅威がニュースで流れています。自治体などに頼るのも大切ですが、自分たちでできる防災対策は人任せにしないでしっかりと行うことが大切な時代になっているのです。

メール・FAX・フォームからの受付は24時間行っており、電話は平日10時~18時までにお問合せください。 みんなで地球温暖化を止めるためにフィールドプロは、挑戦し続けます。 環境・エネルギー問題への積極的な取り組み姿勢を印象づけることで、地域住民への環境啓発にも効果的にお役立ていただけます。 自然科学や山、海、川などの自然を愛する人が勤務しております。 学校教材に適した物から実用性に富んだ雨量計はFieldPro